記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働者の作業時間を計算してみた

みなさん、労働者は活用していますか?

金策は狩りメインという人でも労働者の生産はビール与えるだけで勝手にやってくれるので、併用しない手はないと思います

さて、今日はその労働者生産にかかる時間のお話
労働者を働かせる場合、一回あたりの所要時間は派遣する労働者の作業速度や作業内容によって微妙に変わってくるのですが実はこれ簡単な計算式で決まっているようです


まずトータルの所要時間は 作業時間 + 移動時間 に分解できます

そして、ここが最も重要なのですが作業時間は10分が1単位で端数切り上げになっています!

これはつまり、どれだけ作業速度が速くても作業時間は最低でも10分はかかるということ
そして10分を越える場合は20分、30分と10分ずつ増えていきます

それ以外は単純な割り算です

作業時間(10分単位)=作業量÷作業速度

たとえば作業量150で作業速度75なら150÷75=2で、2単位=20分が作業時間になるわけですね
作業量200の場合は200÷75=2.67で、端数切り上げなので3単位=30分が作業時間です


移動時間の方はもっと単純です

移動時間(秒)=移動距離÷移動速度×2(往復分)で、こっちは端数切り捨てです


さて、この計算式が分かったところで何の意味があるんだ?と思われる方もいるかもしれません
実際、ゲーム内で所要時間知りたければ派遣画面で確認すればいいだけですし(派遣しなくても確認はできます)

ただ、作業時間が10分単位切り上げという事実は労働者の割り振りを最適化するのには重要な知識です
たとえば作業速度100の労働者Aと作業速度75の労働者Bがいたとして、この二人を作業量200の作業αと作業量150の作業βに割り振ることを考えます
Aをβ、Bをαに送った場合はAの作業時間は20分、Bの作業時間は30分で合計50分になるのに対し、割り当てを逆にしAをα、Bをβに送ると、Aの作業時間は20分、Bの作業時間は20分で合計40分となり、トータルで10分節約できたことになります
要するに端数がなるべく出ないように派遣先を選ぶことが無駄を減らすポイントですね

また、このことは雇用する労働者の種族を選ぶ上でも役立つでしょう
馬車製作のように作業量75の作業先に派遣するには作業速度が75あれば十分で、それ以上はオーバースペックになってしまいます
つまり職人ゴブリンとかは無駄が大きいので、行動力なども考慮すると専門以上のジャイアントが適していることになります


長々と余計なことまで書いてしまいましたが、最後に簡単にまとめを!

トータル所要時間作業時間(10分×作業量÷作業速度(端数切り上げ))
                +移動時間(1秒×移動距離÷移動速度×2(端数切り捨て))
スポンサーサイト

コメント

No title

すばらしい!

No title

あざす!

自分が砂漠始めた頃、ググってもこの情報出てこなかったんですよね~
常識すぎて書かれてなかっただけなのかもしれませんが、意外と知らない人いるかもと思って記事にしました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きまいら@黒い砂漠

Author:きまいら@黒い砂漠

【黒い砂漠】で遊んでいる、
  家名「きまいら」と申します
メインキャラはビーグル(WT)
戦う農民目指して頑張ってます
ツイッターもよろしく!@kimaira_v

カウンター

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。